施術案内

全身調整(保険外): 慢性的な頑固なこり、痛みでお悩みの方

慢性的な頑固なこり、痛みでお悩みの方

単につらい所に対して治療するだけでなく、まずその原因となるからだバランスの偏りを調べます。次に身体運動連鎖メカニズムに基づいて機能改善を図ることで主訴の消失、障害の早期治癒や治療効果の長期持続を目指します。頑固な凝りや痛みに効果的です。

【 はり 】
頑固な肩こり、腰痛などに効果的!中国三千年の神秘の鍼術を最新の理論を用い治療します。

【 骨盤調整 】
骨盤や背骨の歪みを調整しボディバランスを整えることにより、頑固な筋の緊張や痛みを取り除きます。

【 マッサージ 】
骨盤や背骨の歪みを調整しボディバランスを整えることにより、頑固な筋の緊張や痛みを取り除きます。

治療の流れ

1. 様々な検査を行い、現在の身体の状態を調べます。

2. 検査をもとに、どのように治療すれば効果的なのか、シュミレーションします。

3. 動きの悪い関節に対して動きを滑らかにすることで、身体バランスを調整します。

4. 治療効果を評価し、長期持続を図るためのエクササイズを指導します。

料金

30分 5,000円   |   50分 8,000円   |   100分 15,000円


このページのトップに戻る

入谷式足底板なら当院にお任せください

膝・腰・股関節の痛みや、外反母趾などでお悩みの方。入谷式足底板がおススメです。

靴の中に入れる中敷(足底板)に凹凸をつけて加工します。膝の痛み、股関節の痛み、腰痛、外反母趾などの整形外科疾患でお悩みの方やスポーツ選手のパフォーマンス向上にプロスポーツ選手をはじめ、実業団、学生にも幅広く愛用されています。
単に足形に合わせるだけのものではなく、身体運動連鎖メカニズムに基づく貴方の状態に合った貴方だけの中敷(足底板)で「痛みの出ない」、「最高のパフォーマンスを発揮できる」ボディバランスへ足元から誘導します。

治療の流れ

1. O脚、X脚などの個人個人の身体特性や既往歴を踏まえつつ、動きの問題点を把握します。

2. 運動連鎖という全身の繋がりを考慮して、痛みの出ない動きをさぐります。

3. 処方に基づいて、あなたの状態に合った 足底板を作ります。

4. 足底板を入れたシューズを履き、動きを行います。

5. あなたの状態に合った、あなただけの足底板の完成です。

料金

【 新規作成 】  一般用 18,000円   |   スポーツ用 20,000円

【 調整 】  A 3,000円   |   B 15,000円
  A : 完成した足底板の微調整です。
  B : 足底板の新規作成と同様の、テーピングを使った動作分析から行う本格的な調整です。

資料を閲覧する

入谷式足底板の資料

PDFファイルをダウンロード (15.4MB)

このページのトップに戻る

股関節からの運動連鎖エクササイズ

“動きの伝わる身体” になることで “動ける身体” を目指します!

『股関節からの運動連鎖エクササイズ』とは、目には見えない関節内の“副運動”という動きに着目した、滑らかに動くことができるようになるためのエクササイズです。
エクササイズには、大きく分けて、「股関節で骨盤を動かす練習をするもの」と、「体幹の形を変える練習をするもの」があります。
関節には、目に見えない関節内の“副運動”と、目に見える関節の動きとしての“骨運動”があります。
常に一緒に起こっていますが、関節内の“副運動”の動きが滑らかにできるようになることで、“骨運動”としての、いわゆる関節の動きがやりやすくなるという特徴があります。
コンディショニングで本当に大切なことは、既存のストレッチのように、物理的に筋を引き伸ばすことではなく、“動きの伝わる身体”になることなのです。
硬い骨格を体内に持つ人間は、構造上、“関節”で動きが滞りやすいため、関節を構成する関節面を滑らかに動くようにすることが“動きの伝わる身体”になるためのポイントなのです。

料金

30分 3,000円


このページのトップに戻る

このページのトップに戻る

保険診療(ケガ対象)

ケガが対象の保険診療もご相談ください。

● 温熱療法
● 冷却療法
● 干渉波療法 など

#

当院院長考案 「股関節からの運動連鎖エクササイズ」
動画配信中!(YouTubeにリンクします)

たかはし整骨院、入谷式足底板の製作、全身調整、股関節体操

● 診察時間

診察時間表

● お問い合わせ

電話でお問い合わせ

インターネットでお問い合わせ

● 所在地

東京都練馬区東大泉2-8-1
西武池袋線 大泉学園駅 北口 より 徒歩約10分

所在地:詳しいアクセスマップはこちらから

詳しいアクセスマップは、こちらをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくために

PDF形式でダウンロードされるデータをご覧になるためには、Adobe Reader が必要です。パソコンにインストールされていない方はダウンロードしてください。

Get Adobe Reader

AdobeReaderのダウンロードはこちらから

このページのトップに戻る